×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 八郎潟町: 一日市

羽州街道
  羽州街道(ホーム)>羽州街道>三種町森岳集落
一日市
一日市集落
金光寺 豊岡 森岳・鹿渡 鯉川 天瀬川 真坂・夜叉袋 一日市 浜井川 大久保
八郎潟町一日市集落概要: 一日市村(現八郎潟町)は寛文2年(1662)に「宿場」と「御伝馬所」を設置し、蒲沼村と押切村と併合して羽州街道の宿駅とになりました。大火があった為か道路を拡幅した為かは解りませんがほとんど古い町屋などの建物もなく羽州街道の宿駅の雰囲気はありません。中世から受け継がれていると思われる「一日市盆踊り」は秋田3大盆踊りと云われ、この地域周辺の中心地らしい、盛大な盆踊りです。
一日市神社
 一日市神社一日市神社は集落全体の鎮守です。大正4年(1929)に村社だった諏訪神社に各町内の無各社等7つの神社を合祀して一日市神社としました。その為、町内全体が氏子となり神社を支えています。祭典は例年5月5日で「願人踊」という一風変わった踊りが神社に奉納されます。由緒は諸説あって、一般的には願人とは、山伏、修験者のことで伊勢や熊野信仰を普及する為、村回りの芸人として当地にも訪れ継承されたのではないかと云われています。250年以上の歴史があり、秋田県無形民俗文化財に指定されています。
清源寺
 清源寺清源寺の創建は天正12年(1584)に安東実季が副川城主でこの一帯を支配した三浦盛季を攻め滅ばした為、その供養として開いたのが始まりとされています。当初は中国の禅宗の祖、青原行思の衣鉢を継いだ石頭希遷の名からとって「石頭院」と命名されていました。しかし、江戸時代に入り佐竹義宣から進言され「青原寺」とし、さらに火災が多かった事から「清源寺」に改名しました。明治時代には明治天皇の東北巡行の際ご宿泊されたこともあり境内に記念碑がたっています。
羽州街道(ホーム)

スポンサーサイト


スポンサーサイト


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。