×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  上山市: 三本松の元禄4年追分板碑

藩境塚
  羽州街道(ホーム)>羽州街道(山形県)>三本松の元禄4年追分板碑

三本松の元禄4年追分板碑
三本松の元禄4年追分板碑
[ 付近地図: 山形県上山市三本松 ]・[ 山形県上山市:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
三本松の元禄4年追分板碑(上山市)概要: 三本松の元禄4年追分板碑羽州街道と米沢街道の追分碑には「南無阿弥陀仏、元禄四年辛未年七月十五日、右ハよ年さわ、左ハ江とみち」と刻み込まれています。これにより元禄4年(1691)に建立され、弥陀の梵字が彫られている事から当初は供養塔でその後道標の機能が追加されたと推測されます。「上山見聞随筆」によると、この板碑の巨石を七夕と呼ばれる関取が背負って運んだ事が記されているそうです。碑の大きさは高さ170.0p、幅75.0p、厚さ35.0p、昭和54年(1979)に上山市指定文化財(考古資料)に指定されています。

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。