鳥海山松葉寺

    羽州街道(ホーム)>羽州浜街道女鹿(遊佐町)>鳥海山松葉寺
秋田県側:観光
 ・ 木境大物忌神社
 ・ 開山神社
 ・ 仁乗上人神影碑
 ・ 登拝道(道者道)
 ・ 道銭小屋跡
 ・ 森子大物忌神社
 ・ 護摩壇跡
 ・ 金峰神社
 ・ 霊峰神社跡
 ・ 七高神社
 ・ 奈曽の白滝
 ・ 元滝
 ・ 法体の滝
 ・ 獅子ヶ鼻湿原
 ・ あがりこ大王
 ・ 出つぼ
 ・ 鳥海マリモ群生地
 ・ 燭台
 ・ 炭焼窯
 ・ 鳥海山歴史・観光
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
鳥海山松葉寺・歴史・観光・見所
鳥海山松葉寺(遊佐町)概要: 鳥海山松葉寺の創建は万寿年間(1024〜1028年)、乃善和尚によって開かれたのが始まりと伝えられています。幕末から明治にかけての戊辰戦争では官軍だった久保田藩率いる由利諸藩と奥羽越列藩同盟側の一翼を担った庄内藩との兵火により多くの寺宝、記録などが焼失しました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により吹浦口の大物忌神社の仏式が廃され、神宮寺も廃寺となった為、大物忌神社の本地仏である薬師如来像と摂社月山神社の本地仏阿弥陀如来像、末社雷風神社の本地仏千手観音像が当寺に移されました。さらに三崎峠に慈覚大師が祭られる三崎神社(太子堂)から慈覚大師尊像が移されました。薬師如来座像(室町時代)と阿弥陀如来座像(室町時代)は遊佐町指定文化財に指定されています。荘内三十三観音霊場第21番札所(札所本尊:千手観音・御詠歌:みはるかす よもの  やまかは とりのうみ たかきをあほぐ めがのしらなみ)。荘内平和観音百八霊場第7番札所(札所本尊:千手観音・御詠歌:あすの日も また安かれと まつば寺 ながめはるかに 夕陽おろがむ)。宗派:真言宗智山派。本尊:如意輪観世音菩薩。
鳥海山松葉寺
鳥海山松葉寺
[ 付近地図: 山形県飽海郡遊佐町 ]・[ 遊佐町・歴史・観光・見所 ]
鳥海山松葉寺 鳥海山松葉寺 鳥海山松葉寺 鳥海山松葉寺
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。